FLOOR net STAFF BLOG

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#154 発売中

Tue.01.11.2011
FLOOR表紙

最新リニューアル号、書店及び、CD・レコードショップにて発売中です。
(※現在品切れの店舗がございますが、
 随時補充しておりますのでいましばらくお待ちください)

表紙はgalaxias!Mayer Hawthorneが目印!

また、今月よりフリーペーパー『CLUB WALLPAPER』が
『NIGHT OUT』として新たに生まれ変わりました。
全国のクラブ/カフェ/書店/CD・レコードショップにて配布中です。
スポンサーサイト

#153 発売中

Mon.03.10.2011
06
LIL WAYNE
LILWAYNE.jpg

08
MADEMOISELLE YULIA
MADEMOISELLE YULIA

12
SOIL & "PIMP" SESSIONS
SOIL  PIMP SESSIONS

18
MY FAVORITE MUSIC VIDEO
特集

24
SAY
SAY.jpg

26
Azumi
azumi_floor.jpg

30
福原美穂
fukuhara.jpg

34
DOUBLE

36
Jason Derulo

38
PRGz

40
DJ KANGO
dj kango

42
DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!

44
NEW AGE OF BEATS
feat. re:plus×Robert de Boron×Hidetake Takayama

46
On The Floor
M-Swift/ShinSight Trio/HI-D/MAKAI/CLIEF EDGE/TIM DELUXE/MAKOTO

64
GENKI ROCKETS

68
極めろ、ビルボー道! feat. Mayer Hawthorne
bill.jpg


67
DISC REVIEW
FLOOR net編集部が選ぶ今月の最新ディスク

71
連載

『the WWW』(The LOWBROWS)
『±0』(佐藤大)
『手記手記MIYUKI道中記』(横山美雪)
『おねがいやらせて!』(鉄平)
『COMA-CHI MAILBOX!』(COMA-CHI)
『SHAKE FREE TV』(星美りか)
『ASOBO-』(読者モデル)
『Love Music Dance』(MATSU from EXILE)

78
TDK Life on Record XA-6803×DJ HASEBE

80
Discover SINGHA

黒木メイサ 『THE MAGAZINE SHOW』 へご招待!

Tue.27.09.2011

黒木メイサ 初のワンマン・ツアー
『THE MAGAZINE SHOW』


meisa_present.jpg

FLOOR net本誌にたびたび登場しては
あんなことやこんなことを赤裸々に語ってくれる
黒木メイサの初のワンマン・ツアー
『THE MAGAZINE SHOW』
10月6日(木)の東京公演@ZEPP TOKYO特別招待枠
読者15組30名様
メイサ本人からゲットしました!

昨年の初ライヴ@恵比寿ガーデンホールを見た方も
初・黒木メイサを味わいたい方も、ふるってご応募ください!


【応募方法】

[Twitter]
@FLOOR_net該当ツイートを
リツイート
してくださった方(※公式/非公式は問いません)


[Facebook]
アカウント“FLOOR net”の該当書き込みの「いいね!」ボタンを押してくださった方


[E-Mail]
郵便番号/住所/氏名/年齢/連絡先を記入の上
mail@floor-net.jp へ送信


[Web]
本誌プレゼント応募フォームから直接送信
(※ウェブからの応募フォームは明日からになります)




入場条件

FLOOR netからの当選メールを受け取った方で
黒木メイサ表紙号#132, #145
黒木メイサ掲載号#123, #137, #142, #147
もしくは最新号#152 or #153

お名前がわかる身分証明書をご持参ください


※掲載号、バックナンバーはこちらをご参照ください
http://www.factry.co.jp/floornet/back.htm




SEIKO LUKIA presents
黒木メイサ “THE MAGAZINE SHOW”
10月6日(木) 東京@ZEPP TOKYO
開場 18:30 開演 19:30


magazine.jpg
黒木メイサ
「MAGAZINE」
SONY
3,059円

ストリートファイター×鉄拳

Mon.12.09.2011
『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』の興奮冷めやらぬなか
いつの間にかこんな企画も進んでいたとはつゆ知らず


スクリーンショット(2011-09-14 12.15.25)


スクリーンショット(2011-09-14 12.15.36)


スクリーンショット(2011-09-14 12.15.51)


『ストリートファイター×鉄拳』




な に こ の 夢 企 画 。




「クロスアサルト」システムによりリュウとケンに波動拳を喰らいまくる三島一八さん。

スクリーンショット(2011-09-14 12.17.20)

スクリーンショット(2011-09-14 12.17.24)

スクリーンショット(2011-09-14 12.17.15)

スクリーンショット(2011-09-14 12.17.10)

JET SET Online

Mon.05.09.2011
スクリーンショット(2011-09-05 12.10.35)

さりげに必ずチェックしているJET SET OnlineのFLOOR本誌最新号のレビュー。


今月のパンチラインは「浜撮りビキニ」。

スクリーンショット(2011-09-05 12.11.52)

本誌では一言も「浜撮り」と言っていないのに、
こうした独自の文言でレビューをしていただけるのは、
本当にありがたい限りです(一瞬、「ハメ撮りビキニ」と見紛ってしまうほど)。

JET SETさん、いつもありがとうございます。
これからも素晴らしいパンチライン、お待ちしています。


#152 発売中

Thu.01.09.2011
子鹿のバンビことケリー・ローランド

cover_a.jpg


「朝のパンスト☆パラダイス」の空耳でもおなじみ
元気ロケッツが表紙を飾る最新号、発売しました。

cover_b.jpg




05
MOHOMBI


06
KELLY ROWLAND

kelly.jpg


10
GENKI ROCKETS

genki.jpg


16
特集:SUMMER ADDICT 2011~デイライト 太陽とビキニ~

bikini_.jpg

bikini.jpg


26
David Guetta


28
黒木メイサ


30
きゃりーぱみゅぱみゅ

pamyupamyu.jpg


32
サイプレス上野とロベルト吉野


34
BIG SEAN

BS校了紙


36
MANN


38
SEEDA

seeda.jpg


42
DJ TY-KOH


44
TwiGy al Salaam


46
GAME


48
BATTLES


49
On The Floor
MARTYN/SPICY CHOCOLATE/EL LATINO/DJ OLDE-E
三浦大知/JOYSTICKK/World Sketch/Kiyoshi Sugo


58
アーバンギャルド


60
house of globe feat. RAM RIDER×Kentaro Takizawa

globe.jpg


62
PARTY REPORT
STUDIO APARTMENT/ULTRA NATE/YASMEEN/Zeebra/アイコSUN/RYO the SKYWALKER/SIMON/May J./DAISHI DANCE/DJ HASEBE/DJ KRUSH/Joe Claussell/Danny Krivit/FRANCOIS K./AK/FPM/Shinichi Osawa/TOWA TEI/Takkyu Ishino/Menard/☆Taku Takahashi/Jaguar Skills/VERBAL/JAY'ED/MIHIRO/EMI MARIA/HI-D/MOOMIN/青山テルマ/SUPER CRISS/MACKA-CHIN/KASHI DA HANDSOME/Lil Mo/Kameelah/Changing Faces and more


68
極めろ、ビルボー道! feat. akiko


69
DISC REVIEW
FLOOR net編集部が選ぶ今月の最新ディスク


73
連載

『よるとあずみ』(Azumi)
『the WWW』(The LOWBROWS)
『±0』(佐藤大)
『手記手記MIYUKI道中記』(横山美雪)
『おねがいやらせて!』(鉄平)
『COMA-CHI MAILBOX!』(COMA-CHI)
『SHAKE FREE TV』(星美りか)
『ASOBO-』(読者モデル)
『Love Music Dance』(MATSU from EXILE)


80
Discover SINGHA

DJ MAAR×横山美雪

Wed.17.08.2011
marrkichi.jpg

次回の横山美雪「こんなの初めて」はDJ MAAR氏をゲストにお招きしての
「DJ処女喪失ショッピング~セカンド・ヴァージン~」編。
前回の配信でDJ HAZIMEさんにDJ機材購入を指南してもらい、
続くセカンド・ヴァージン編は、「アナログ購入術」というわけです。

場所は下北沢の名店『JET SET TOKYO』
miyuma3.jpg
スタッフのみなさん、遅くまでお世話になりました。

DJ MAARさんが、どうしても美雪にすすめたいアナログ、
と話して発見したのが、リル・ルイスの不朽の名作「French Kiss」。
(「私はディープ・キス派です」とアドリブで切り返した美雪、やりおる)


その曲を試聴する一部始終を、カメラがとらえた!
衝撃のスクープを無修正で。





ちなみにこれがオリジナル「French Kiss」



「French Kiss」に触発されたトッド・テリーもあえぐ「Jumpin'」


その「Jumpin'」が生まれ変わって「Keep On Jumpin'」




と、ハウス・クラッパーズしてしまいましたが、
その他にもいろいろとジャケ買いやレーベル買い、
アナログ購入術のあれやこれやをMAARさんに教わり、収録終了。

miyuma2.jpg

この模様は8月24日(水)に配信予定。ドンミシッ。


[CM]
DJ MAAR新作ミックス「HOUSE CLAPPERZ Vol.01 mixed by DJ MAAR」絶賛発売中


横山美雪 on つべ

Thu.11.08.2011
まんまんこんまんちわ動画







にょきとう動画

鉄拳 ブラッド・ベンジェンス

Tue.09.08.2011

本誌連載『佐藤大のプラマイゼロ』において、衝撃の事実を知りました。

そう、格闘ゲームの殿堂『鉄拳』が映画になって登場、っていう!

ben.jpg

大の『鉄拳』フリークでありながら、映画化の話など、
うんともすんとも知る由もなかった昨今に、あまりに衝撃的なニウス!

なぜ、佐藤大さんの連載で取り上げられていたかと言うと、
その脚本を大さんが手掛けているという、なんとも素晴らしい展開。

大さんの連載は、読めば読むほど、本当に興味津々になるネタが多く、
毎月の校正の段階で初めて目にして、連載担当の杉山に
「面白い……今月も大さんの連載おもろい! おまえは面白くないのに」
と、伝えることも多々。

思い返してみれば、初代『鉄拳』がゲーセンに並んだ頃からずっと鉄拳フリークで、
プレステ2に至るまでのソフトはすべて揃っているし、
もちろん、いまだに『鉄拳6 BR』もゲーセンでしこしこやっているレベル。
(間もなくゲーセンに投下されるであろう『鉄拳タッグトーナメント2』も期待大)

なので、今回の連載は、とにもかくにも衝撃的すぎたのです。
しかも、大さんが脚本って、改めて佐藤大すげー!すげすぐる!と。

考えてみると、この業界で働いてから、
『鉄拳』をネタにつながったことは一度もなく、
いや、思い返してみても、『鉄拳』をネタに盛り上がったことって、
地元の友達の岡崎達也くらいじゃん、っていう。
岡崎達也には『鉄拳3』くらいから会ってないので、
ここ10年くらいは、『鉄拳』を共有できる友人はおろか、
知り合いも誰一人として出会ったことがなく、孤高の鉄拳好きとしては、
「こ、これは大さんと鉄拳ネタで盛り上がれるかもしれなす!」
という、淡い期待で胸がいっぱい(しかも、同じ佐藤だし)。

さらに、主人公がシャオユウって、さすがナムコ。

xia.jpg

トレーラーを見るだけで若貴が止まりません。




今でも欲しい

Tue.02.08.2011
loveshines.jpg

DJ HASEBE×Sugar Soul×Zeebraによるオフィシャル・インタビューを担当、
「今すぐ欲しい」にまつわるあれやこれやをはじめ、興味深い話がたくさん聞けた。

当初届いた新曲にはタイトルがついていなく、
「今すぐ欲しい」トリオが送る新曲なのだから、
それはそれは「今でも欲しい」官能的な曲になっているかと思いきや、
普遍的な愛を歌う、その名も「Love Shines」というタイトルがのちに命名された。




ヒップホップ/R&B専門誌『BLAST』(06年11月号)にて
「国産R&Bを考える」という特集で原稿を書いたことがあり、
そこでも克明に述べているけど、やはり「今すぐ欲しい」の存在なくして、
現在における国内R&Bシーンの活況はなかったように思う。
それだけ「今すぐ欲しい」が業界に与えた衝撃は大きく、
あれから15年が経過したいまでも、その記憶は鮮明に残っている。


女子が声高らかに歌う「セックスしたい時があるから」宣言。
そんな「今すぐ欲しい」がかかりだした頃こそ、
まさに自分がクラブへ足繁く通うようになった時代。



「そんな子、いるの!? いるわけないじゃん! ……いるの!?
 いるとは思うけど……いても自分から言う子なんかいないよ!
 いや……いるんだろ! いてくれよ! いてほしい!
 いてすぐ欲しい!(こじつけ)」

そんな時代を経ているからこそ、とても感慨深い「Love Shines」。
「こっちゃん(K DUB SHINE)が“K LOVE SHINE”って言わないか心配」
と、ジブさんが不安がるのも感慨深い、そんな「Love Shines」。

 BLOG TOP  » NEXT PAGE

BLOG TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。